吐き出したい言葉と残したい言葉について。
カウンター
[PR] アクセス解析
魔法には、かかる時もある、って程度の認識で。
魔法少女系の変身アイテムが化粧品や宝飾品なのって、たかがみてくれされどみてくれ、自分を強くしてくれる魔法だってことじゃん。
でも「視られる」ことが嫌になる時ってあるじゃん。「視る」方に立ちたい、じゃなくて、ただ逃げたくなるような時期が。

と、今は波を越えたから言える。『あたらしいひふ』を薦めてもらったり、私を肯定してくれる言葉を貰ったり…気付いたら(ライブのためっていう言い訳はあるけど)コスプレも関係なく新しい服が買えるようになってた。…近況でもないか。

あ、話は逸れるけど、citrus(アニメ)面白いね。作品と、観る・読む側のセクシャリティは無関係とは言わないけど、実写図書館戦争の男子キャラにもキュンキュンするし、邦画も洋画も可愛い女優さんうわ〜可愛い〜って思うし、citrusもゆず可愛い〜!ってなってるし、龍我は世界で一番かっこいいよ!って合いの手入れたくなるし、ストライクゾーンが広いのかな、なんなんだろうね、自分でもよく分からないや(╹◡╹)

で、そうそう、おそらく人生で初めて変身ベルトを買いました。付ける位置高め(ハイウエスト)なんっすね。外すと解放感ある程度には重いっすね。何より音量がでかい(笑)
男児にはならないけど、テンションは上がりました。これ楽しい。楽しいよこれ。遊ぶよこれは。安い買い物でもないし、せっかくなので飽きるまで遊ぼうと思います。


劇場の台詞を踏まえて今回のビルドの龍我の言動見たら成長に泣いちゃうよ!(萌えで顔はチェシャってるよ!)というヲタ話はそのうちまたどっかで爆発させてると思います。
ダイアリー090913〜 comments(0) -
しき
見なきゃなあ、って義務感になってきたのでだんだん番組を絞り始めました。UJもあらっさんも。
最近あんまりやりたいことがないです。なにもやりたくない、ではないです。ぼんやりと流されて、ただ月日が経っていく。

バタフライエフェクトは良いアルバムなんじゃ〜〜とついったらんどで語ったり、ビルドの解釈を支部に投げたり、はしてます。好きなものはあるから大丈夫。一応コス準備もしてるし、友人から借りた衣装も冬過ぎたら撮影したいし。小説の積本もあるし。生きる糧はちゃんとある。ただ、ちょっとだめな時期、というだけ。冬は親族が多く亡くなってきた季節だからかな。

春は花粉症と肌荒れ、夏は虫、秋は強風、冬は鬱、じゃ、ちょっとつらいな(笑)


iPhoneから送信
ダイアリー090913〜 comments(0) -
めりくり。
せっかく聖なる夜なので恋バナでもしようか。

好意を行動や態度で示されることがまず嫌(レベル1)
示されるのはやぶさかではないので泳がせておくが言葉にして告げられるとダメ(レベル2)
とりあえず一対一にはなってみるものの連絡マメは疲れるし連絡無精は冷めるので無理(レベル3)

別にモテやしませんが。

「適切な距離で仲良くやれてるのになぜ詰めて来ようとするのか、解せぬ。」

という率直な感想については友人の賛同が得られたので安心した私です。

CP(虚構)は好きなんですけどね。
現実の妄想も、妄想でいるうちは楽しいんですけどね。

傷付きたくないから臆病で、とかそういう問題では無くて、もっと根本的に何か違う気がしてきた。
ダイアリー090913〜 comments(0) -
ヒーロー作品はいいぞ
ご無沙汰です。いや、ここでしか会わない人は少ないか。一応の近況報告で。

仮面のバイク乗りさんにハマりました。にわかです。龍我くん推しです。先週鳥肌立つほどかっこよかったし、あ、変身後も好き。先日某アイドルのコンサートグッズ買いに行った(ジード関連のイベントステージもチラ見したけど歌い手のお二人のアカペラめちゃくちゃ良い生歌でした!)帰りに宝島寄って、思わず創動買ったよね、めっちゃ動くんだぜこれ。親に見せたところで全く響かなかったみたいだけど。らびたんフィギュアも欲しくなってきたところで炭酸飲料が出てきたので大爆笑です。あの泣かせる流れからのスパークリングは「そのとき
、不思議なことが起こった」ですよ(やっとアメトーク見た)。落ち込んでた振りして偽ボトル作ってたしたたかな主人公の頭脳チートっぷりいいよね。バディはいいぞ。

戦隊は先週があまりにもで思考停止中です。私の知らない主人公がそこにいた。推しカプ公式大プッシュで天変地異かと思いました。いや1話からそうと言えばそうなんですが。仲間としか見てなかったんじゃなかったの。ツルギ様がやべえって顔で力振り絞って止めに入るレベルってどういうことなの。あ、でも確かに柳生回で真っ先に駆けつけていたね、伏線だったのかな、赤青ありがとうございます。船内での黄緑もありがとうございます、スカイブルー変身回のうちわのお返しですね、たまらん。BNは二人の世界に入っててもう意味が分からない、いつ
もですが公式様に頭が上がりませんな、BN最高ですありがとうございます。こんな天国なシリアス回もう二度と無いよね、吃驚した。
ツルギはクエルボが死んだのは自分のせいだって内心ずっと責め続けてるわけじゃん(惑星トキでも出てきてたし)…ナーガの「バランス…嘘だと言ってくれ」はバランスを手にかけた悪夢で、ハミィの「逃げて」はたぶん臆病になって行動できなかった過去かな…スティの「俺じゃない!」はどんなシチュエーションでもやばい精神崩壊…と勝手な解釈が止まらないので先週は沼。
まじ…ヒーローショーもう一件友達誘おうか迷うわぁ…。

という感じです。日曜朝に女子がハマるのは「イケメンが出てるからっしょw」という偏見を去年まで自分も持っていたのですが、イケメンは欠かせない大事な一要素ですが、もちろんCPの煽り方も大事ですが、それぞれ一要素に過ぎないのです。みんなそれぞれの理由で好きになったらいいよ。解釈や楽しみ方は自由だよ。心が動いた出会いの奇跡に、経済回せば良いと思うよ。という正当化して生きるよ。
ダイアリー090913〜 comments(0) -
ジュウオウジャーで大人になり損ねた。
バズってる某はてなさんの真似で(笑)。
いやいやプリパラ記事は最高に共感して泣きましたよ…もっと前に真剣にプリパラ見てたら私もプリパラで大人になったんだろうか…。


私は去年、「女性性」が物凄く苦手だった。私の苦手な職場の局様がピンク女子で、まあその影響だよね。髪ばっさり切ったのはそれもあるんだよね。そんな中で、ちょっとした縁でジュウオウジャーを見始めた。女子が活躍する戦隊で、男子もやおい臭(たすみさやまは今でも最高だと思ってる)がしてて、敵の井上和彦ボイスラスボスの部下の女子もかっこいい、とは思いつつ、たまに見る程度。で、勧められた通り、私はかっこいいセラを好きになった。いくら黒髪ロングでも、セラのファッションは男ウケしない。男勝りでお高くとまった性格も、そうだろう。でもそんなセラに私は救われた。女子女子してないからこそ憧れた。でも、社会は甘くなかった。
男女平等!なセラと、強か女子のアム。まんまフェミニズム二派な2人が、結局はアムが姉でセラが妹のポジションになった。つまりは現実的に世渡りをするアムの方が、主人公を導いたり、世間的成功例に落ち着いたわけだ。セラは若い、JK、という見解に私は悲しくなった。若いってのは青い、未熟ってことだ。スピンオフでセラは(男性性の強い)レオに実力を認めさせたけど、結局は拳って、プリキュアかよ。いやプリキュアはプリキュアでかっこいいのかもしれないけど。やっぱりこの男社会はまだセラには壁が高い。セラを好きになって救われても、その先には進めない。これはジュウオウジャーで大人になり損ねた話。



余談だけどこの話何回もしてるけどジュウオウジャーの神回はハロウィンです。まず皆の仮装が可愛い。誰よりもレオのメイドさん姿最高に可愛い。さらにアムちゃんのチャップリン風男装&「王子様を守るお姫様もかっこいい」発言からのゲストとの百合展開。ジェンダーフリー回ですよ(ただレオの女装に関しては体育会系ノリな気もする……ノリノリで女装やって、キモいとか誰にも言われないアレ)。

あ、ジュウオウジャーが801ならキュウレンジャーはBLなので、良さが違うので!っていうところまでがセットです。
ダイアリー090913〜 comments(0) -
一年前の今日の日に
去年の文化の日に舞台挨拶で、その2日後に本のイベントじゃなかったかな。それが正しければ私は、11/5は2年連続で渡部さんを見てるのね。去年、あのとき、あのイベントで、大好きが言えた。自信を持てた。今年はただ観覧でお笑いを見てただけだけど、観覧内容で言えば正直ゲストも前回ほど面白くもなかったけど、でも、同じ空間にいられた。それが、大事。
ダイアリー090913〜 comments(0) -
結局うだうだしてた
ここしばらくはSMAPの最後のアルバムを聴いてました。歌詞のメッセージ性が強いじゃないですか、曲めっちゃ耳に残るじゃないですか、ほんとに楽曲のレベルが高いというか…提供してたのほんと凄腕の人たちなんだなっていう感覚に打ちのめされながら聴いてました。歌もっとヘタなイメージあったけどアルバム聴いてる分にはそんな事ないです。十分です。好きです、ほんと。6年くらい今の担当のGを応援してるのに、多分このアルバムの方が音楽ファンとして好き。皮肉なものです。

彼らの音楽に支えられる程度には疲れてたのかなぁ。
日々マギレコ廃だし、小説も好きなの見つけたし、この間やっとイベントでお買い物もしたし、プチ旅行もしたし、充実はしてるんですけどねえ…仕事は今月が修羅場ではありますが。上司に迷惑かけて一番やばかったの実は昨日と今日なんですが(笑)。


っていう近況報告ここまで書いたらなんか満足してしまったので今日はここまで。誰かにただ話を聞いてほしかったのかもしれない。凡庸。所詮私も人の子ですな。


iPhoneから送信
ダイアリー090913〜 comments(0) -
何も言うことは無い。
児嶋さんは生で近くで見ると昭仁さんみあると思うんだ〜〜顔のパーツもだし噛むし真面目だし(真顔)。
渡部さんはほんとテレビ見たままの人ですよ〜〜かっこいいし良い声だし面白いし可愛いし素敵……。

お笑いの世界を教えてくれて、たくさんの感情を教えてくれたアンジャが好き。やっと彼らのホーム(と呼んでいいよね?冠番組だし)を見ることができて、嬉しかったです……こんな平坦な言葉では済ませられないね。児嶋さんがどんなに滑ろうが、渡部さんがどんなにイジられようが、アンジャとしての彼らが好きです。なかなか好みと合わないから番組半分も追えないけど、彼らは私の特別です。そう、とくべつ。恋だの愛だのそんな名前は、知らん茶々です。
ダイアリー090913〜 comments(0) -
忘れてたわけではなくってよ
昨日はポルノさんのデビュー18周年おめでとうございました。15周年のライブが本当に楽しくて、最高で、あれから3年経ったなんて嘘みたい。台湾ライブをして、フェスに出て、色んな番組に宣伝に出て……今年の彼らはファン獲得を頑張ってるから、1人でも多くの人に彼らの魅力が伝わっていたら嬉しい。気になったならぜひワンマンライブに来て欲しい。きっと私みたいなファンが、一緒に楽しもうぜって両手広げて待ってるよ。

……今年はホールツアーで会場小さい分倍率えげつないので何とも言えないんだけどな。
ダイアリー090913〜 comments(0) -
臆病者は目の開き方を知らない。
僕は小さい頃からずっとちやほやされたかった。名声欲には自覚的だった。でもお金も地位も権力も欲しいとは思わなかった。それらには同等の責任が生じることにも気付いていたから。ただ無責任にほめて、すごいねって言ってほしかっただけ。ただの承認欲求だ。だからきっと僕の小さい頃に「いいね!」があったなら、どの媒体だろうとハマり込んでしまっただろう(あっ褒め上手な友人たちにはずっと甘え倒してますよ、ごめんね)。
小説を公開するようになってからは、「好き」を求めるようになった。誰か1人にでも刺さるなら、それで良いんだと思うようになった。でもやっぱり作者も読者も無責任で良い。無責任な方がいい。関係なんて生じない方がいい。

漠然とモテたいと思っていたのは多分、少女漫画のヒロインをロールモデルだと思い込んでいたから。男の子に「異」性として好かれるのはステータス、ヒロインを魅力的に見せるためのお飾り。今ならそう言えるのにね、笑っちゃうよね。
どうも居心地が悪くてクラスの中心を避ける自分、ずっと男の子たちと無邪気に子供じみた遊びをしていたい自分がちゃんと見えていなかったのは確かだろうな。女の子の友達も大事だったし、私は女の子の一員で、あーでも、好きな男の子には振り向いてほしかったのはきっと嘘じゃないんだよな。好き、に、好き、を、同じ、を求めるなんて鏡像段階みたいなアレか。それを考えると、片思いを片思いのまま続けられるのって成長だなあ。好きなものは、人は、無責任に好きでいたいよ。

尻フェチや腕まくりフェチはある。ただの(男性向けな表象の)エロな物も読む日は読む。それが特定の誰かに結びつく日は来るのだろうか。

私を女として意識しない(意識した態度を取らない)人ばかり「好き」だと思い込んでしまう自分が嫌だ。
自然と生まれる恋なんて忘れてしまった。
なんとなくの雰囲気で「付き合う?」と一言言ってしまえばたぶんおつきあいが始まるであろう人は何人かいるけど、絶対的な対は、ベター・ハーフは、その中にいるの?この世界に本当にいるの?思い込まないといけないの?
誰も教えてくれない。誰も答えを知らない。教科書のない世界で生きるのは、難しい。

ダイアリー090913〜 comments(0) -
| 1/87 | >>