カウンター
[PR] アクセス解析
無題に追記
0
    さっきは無難なことしか書かなさすぎたので。

    不快に思う人はいると思うし解釈の違う人もいると思う。ただ、私の思ったことをちょっとだけ追記するね。


    ポルノさんは音が先だから、音に言葉一つ一つを重ねていくんだよね。LAiRがリリースされたときの晴一さんのコメントは、私にはあまり納得いっていないように思えた。もともとバイラ(→ジョバイロで使っているので回避)だったこと、つけようとしたタイトルが音楽の大先輩の作品名と被ってしまったこと。本人たちにとって、笑い話のつもりかもしれない。でもさ、曲名なんてどうでもいい、という派の人がいることも知っているけど、例えば他の曲だけど、歌詞が最終段階までいってから「星空の」から「俺たちの」ってタイトルを変える挑戦をしている彼らにはタイトルだって大切な言葉なんじゃないかと私は思うんだ。その状況でも発表するっていうのは覚悟のいることだろうなって。もちろん音楽の要素は歌詞だけじゃないし、歌詞でもできる範囲で爪痕を残そうとしてると思う。初披露からリリースでだいぶ変わったし、ある程度は納得できてるんだと信じてる。信じて、ついて行くよ。


    iPhoneから送信
    2017.06.18 Sunday,22:41
    | morimiya | ダイアリー090913〜 | comments(0) | - | - |
    無題(PGがたり)
    0
      鑑賞会楽しかった。ミュージック・アワーの曲は好きだけど「変な踊り」を初めて見たっていう友人の反応がとても面白かったです。楽しいよ、変な踊り。よこよこたてたて。誰でもできるよ、新規参戦ウェルカムだよ。

      それにしてもね、久々にPGの映像見たらさ、ライブの昭仁さん楽しそうだなあって。嬉しそうな楽しそうな彼らと、彼らの奏でる音楽に身を揺らす一体感のある空間に、一緒にいたい。今の私の好きは、そういう、好き、だなって思います。個人的に振り返るとライブ初参戦から9年か。特に熱のない期間もあったし、いまいち心に響かない公演もあった。その時々の相性の話なので、どっちが悪いわけでもなくてね。ただ近年、すごくライブを好きになった。時々でも、非日常として解放される瞬間を感じられるようになった。またあの瞬間味わいたいな。

      売れるラテン曲を作ろうとしたり、愛されるバラード曲を書こうとしたり、力んでも数字は(多分)そこまで奮わなくて、新曲だって発表のときにあったのは晴一さんの弱気のコメントで、ファンにウケるのは過去の曲のアレンジだったりさ、色々と抱えてるところはあると思うんだよ。本間さんたちから離れて、若手と組んで、ライブの定番に代わる曲(声出しをセンラバ→ネガポジ、タオル回しをハネウマ→花火、合唱をアゲハ→リバル)を作ったり、原点として青春やデスティニーを作ったり、お祝い曲を作ったり、一番古いアルバムのセルフカバーライブをしたり、ヒット曲をどんどんアレンジしてライブやシングルに入れたり、色んな試みをして、どれが成功とか失敗とかはなくて、頑張ってるなあ、と思う。いちファンとして、それぞれ楽しんでるし、心に響けば泣いた日もあるし、ただ響かなければ受け流した節もあるかもしれない。近年のお酒オッケーのゆるっとしたウェブ番組の配信も、若い層へのアプローチだったり、SNS社会での生き残りをかけての手段、戦略だよね。ツイートのハッシュタグで話題盛り上げてますよ、はい。しかしね、彼らだってプロだから、商業だから、売り上げに繋がらなかったら無くなっちゃう空間が、番組だったりライブだったり、あるわけじゃないですか。チケットやグッズは買うから、楽しませてほしいし、楽しんでほしい。いいパフォーマンスをしてほしいし、笑ってほしい。エゴだな。好きだから、欲張っちゃうのかな。応援してるから、売れてほしくて、過去の曲でもいいから売れるパフォーマンスをしてほしくて、でもそれも私のエゴだなあ。

      今年は彼らがたくさんフェスに出る。二本行って、それはそれですごく楽しかったけど、特にアミュフェスのPGに絞った感想としては、やっぱりワンマンに行きたくなったよ。テレビで知ってるよって程度の人、昔聞いてたよって人たちがCDやライブディスク買って、ワンマンに来てくれますように。一緒に楽しんでくれる仲間が増えますように。がんばれ。
      2017.06.18 Sunday,22:19
      | morimiya | ダイアリー090913〜 | comments(0) | - | - |
      そんな単純にはいかないのさ。
      0
        別件のイベントで仲良くなったレイヤーさんと最近よく連絡を取っているのだけど、久々に「優しい」というワードを他人から言われて、正直戸惑っている。
        「いい人」とは「自分にとって都合のいい人」であるというアルミン理論にすっかりやられている私の頭では、あなたにとって都合のいい優しさかぁ〜そうかぁ〜という感じである。私、この人に同情してる節なくはないよな、と自覚して凹むのである。まあ、ある意味では「マイノリティ」という共同戦線ではある。それでいて趣味が似通っていれば、うん、仲良くはなるよ、仲良くはなる。だからといってすぐに付き合うとかそういう話ではないことも分かっているのだけど、なんかね〜〜なんだろうね〜〜身構えちゃうんだよね。前からの友達には何とも思わないんだけどね、自立して社会にいざ出ると常に自衛だからね。対人シグナルに過敏にもなるよね。
        というもやもやの話。
        お豆腐メンタルなだけで、心の壁は無いのにね。趣味の中に人生があるタイプだからそうじゃない人と話にならないのは仕方ないよね。こうして独りでいるのだって自己責任、だろう?
        2017.06.16 Friday,18:35
        | morimiya | ダイアリー090913〜 | comments(0) | - | - |
        中の人などいない
        0
          キュウレンのキャストイベントに申し込むかここ数日ずっと悩んでたけどふと気付いてしまった。

          私の中では、中の人などいない。
          夢の国にミッキーがいるのと大体一緒だ。
          セラや大和やみっちゃんがいて、ガルやスティンガーがいる。
          中の人などいない。今現在は興味ない。

          と結論が出たのでキャストイベントは行かないことにします。

          エピソードオブ〜とジュウオウ買うしな。住民税で持っていかれて今お金ないしな。
          2017.06.16 Friday,11:49
          | morimiya | ダイアリー090913〜 | comments(0) | - | - |
          二分の一2017
          0
            今年入ってから全然ブログ書いてなかったんですね。そりゃそうか。
            なんとなくざっと今年の半分を振り返ってみようと思います。写真見ながら思い出してるところもあるので多少行ったり来たりします。

            1月。正月思ってたより暇だったな。物欲が無いと初売りに行かんよね。
            一大イベントとしてはジュウオウジャーの素顔公演に1.28に行きまして。あ、セラちゃんカーデ羽織って、うちわはほんの小さいやつでシャークちゃん作って行きました。まあまあ前方、舞台から見て右の方。親子連ればっかりかなって思ったけど私の周りは大きなお友達もわりといたのでそんなものなのかな。初めてGロッソ入ったんだけど、ヒーローショーってすごいね。アクションもスクリーンもすごい。井上和彦様…ジニス様最高です。ど本命のセラは遠かったけどアムちゃん近くで見られて感激でした。レオくんもかっこよかった。で、生で見るたすみさやまは想像を超えてヤバい。公式やおい優しい世界ありがたや。感動ストーリーで普通に泣いたぜ。

            で、実はその日に大学の知り合いとランチして楽しんで、それで終われば良かったんのに全くの別件で「飲みに行こうぜ」ってとあるLINEが来たわけですよ。

            2月。毎日LINEだの電話だの、最初は浮かれてたし、とりあえずこの記事の中では好きだったということとしよう。会社の外にいる人を好きになると会社の中の狭い人間関係なんてどうでもよくなるという気付きを得ました。そうそう、局がいなくなるのかこのままいるのかまだ分からなかったからこの冬はずっと胃がキリキリしてたんだった。で、連日のあまり良くない現状報告にだんだん気が滅入る。えすだんの祐くんに似てるせいでちょうどやっていた祐くんの攻略が鬱になる。バレンタイン前日にそろそろ潮時かなって言われて糸が切れた。怒ったしお風呂で泣いたけどやっぱり泣くって大事だな〜〜去年の新宿の渡部のサイン会の帰り以来だなぁ〜〜って思いました。あれ、でも最後に会ったのその後か。あ、会うときはほぼほぼ折半で回してたんですけど、最後にお金貸したんですよね。給料で言うと3日分程度なんで大した額ではないけど、他人に(返されないつもりで)貸すくらいなら自己投資した方がマシだなって思えるようになったのでお金を使うことに罪悪感を持っていた私はようやく自分のためにお金を使うようになりました。よいことだ。
            いやうん部活のOBたちに会ったりもしたし、何より友人とチョコレートを買いに行った日のオリオンビール美味しかったなぁ。

            3月。友人とシナモン展やスイーツめぐりしたねえ。かれあむの映画も良かったぞ。
            あと実はバレンタイン回からプリパラにハマってた。みれぃ推し。末にはプリアラも見始めた。ひまりん聖母。女児アニメはいいぞ。いやしかし仕事が忙しくて……忙しかったな。やたら飲み会に連れて行かれた記憶。

            4月。忙しいは忙しいがメンタル的には局とやや離れたおかげで少しマシになる。就職説明会の準備で全然テレビ見てなかったら打ち上げで推しが結婚する報道を一般市民から聞かされて戸惑う。歓迎飲みあたりから自分の酒の弱さを自覚し始める。ポケGOを再開する。貴族探偵が始まる。相葉くんの載っている雑誌を久々に買う。ウェストなら桐山が好きだなと再確認しつつ、推しカプのオフ会ですごくはしゃぐ。
            末かな、たまたま初めてリアタイしたキュウレンでガルにときめく。主人公への拳と「俺が惚れた男」呼びに固まる。ジュウオウロスで見ていなかった録画を一気に見始める。軽率にハマる。

            5月
            歩けよ乙女見る。偉い人の言葉に内心ぷっつんした勢いでL(だけじゃない緩いやつではあるけど)向けの出会いイベントに申し込んで行く。可能性を狭めるのもなあ〜と思って行ってはみたけどヘテロマ寄りグレーaセクって感じの私なのでちょっと心苦しかったしやや申し訳なさはあるが色々話し聞けたのは良かったし、美人いっぱい拝んだし、連絡取れる程度の友達はできたので良かった、と私は思っている。

            スガフェス。客層がすごく良くて、あたたかい。全アーティスト、すごく楽しかった。スカイハイとスガンプーユかっこ良かったなあ。ポルノさんのアゲハ蝶でのクラップで、あのライブの時の幸福感に包まれた。私がいていい居場所。ハウス。最高だった。

            バラ園をただ見物に行くのも楽しかったな。バラのジャムという高貴な食べ物に美を見出す。
            キュウレンのスティンガーの横顔が綺麗すぎて深みに嵌る。なんだこのオタクうけするキャラは。多分だけどタイバニや嵐(わちゃわちゃアイドル)好きな人は戦隊好きになると思うからニチアサ見てみ、めっちゃ楽しいぞ。
            リアルでは仕事が急に暇になる。末の職場飲みは楽しかったけど、アルコールの限界を悟り、もう家や親しい友人と以外は飲まないぞと密かに思うようになる。
            PG歌詞の「心が濡れていない」というワードが頭をちらつくようになる。

            6月。アミュフェス。出オチかってくらい最初の2人がすごく良かった。うぇばやさく学で会場のトーン下がるの寂しい…PGファンメインのせいか、ファン層の違いが顕著…居心地がやや悪い…フロウのGOよりアンサー、スクープの潮騒で泣きそうになっていた私は少数派だろうな…。セトリには色々物申したいのであるが、ポルノさん終えてまず足が死んだ。腕上がらん。ごめんさくらちゃん以降。最終盤のディスコぉ!!楽しかったけどPTAももっとフェス序盤から盛り上がっても良かったんやで。

            日常では某アニメのジャージ衣装を買う。運命的な駅前の再会から(笑)リアルの友人宅に行く。友人と美女と野獣見る。貴族探偵が面白い。キュウレンではスパハミに萌えを見出す。いまここ。

            特にオチはないよ。生存報告のようなものさ。
            2017.06.13 Tuesday,00:12
            | morimiya | ダイアリー090913〜 | comments(0) | - | - |
            結婚
            0
              つらつらと一方的に好きになった時期とか思い出を書いてたんですけど気持ち整理できてきたので一旦消しました。

              いやまあスッキリとはしないですよ。指輪とか式とか見せられるわけでしょ?いやいやいや無理だな平常心は無理だな。何よりも給湯室でおねえさま方のゴシップ話のネタにされたら私すぐ席に戻りますよブチ切れる予感しかないですよ。

              しかしねえ、まあまあイケメンでニコニコしててグルメで頭の回転が早くて手先は不器用だけど恋愛心理学までマスターしてるうちの推しがモテないわけがない。正当な結果ですよ。妥当。美人嫁の方のファンにさんざんdisられてもそれで食ってけるんだからいいご身分だよな〜くそ〜世界一幸せでいやがれ。



              あなたを初めて生で見て緊張で何も言えなくて泣いた日も。
              あなたの声が響く映画館でニヤニヤして、舞台挨拶を楽しんだ日も。
              同日、球場のそばでたぶんすれ違ったあの瞬間も。
              翌々日、やっとだいすきですって言えた私と年相応の手で握手してくれたあの日も。

              (他にもときめいたり萌えたテレビ番組の映像もいくつかある)


              あなたの幸せのカタチや
              社会のつまらないメディアが盛り上がるカタチがどうであれ、
              私の誰にも踏み躙られたくない領域。




              欲を言うなら、あなたに「こんにちは」「初めまして」以外の挨拶がしたかった人生だった。
              (台所に立つ推しに「おかえり」って言われる仮想現実ください)

              結婚制度の利用がイコール幸せかはさておき、あなたが周囲から祝福されてるなら何よりです。あなたが何時迄も笑っていられますように。
              2017.04.10 Monday,23:11
              | morimiya | ダイアリー090913〜 | comments(0) | - | - |
              てすてす
              0
                「また明日。」という言葉に反応するのはそう言えば人生で二回目だなぁ。中学で離れた親友とたまたま2日連続で遊ぶ機会があって、すごく幸せだなって思ったの。今日のは、もう今日と同じ「明日」が来ないことをお互い知ってるでしょっていう、なんというか、創作向けニュアンスである。



                2017.02.13 Monday,23:19
                | morimiya | ダイアリー090913〜 | comments(0) | - | - |
                明日も生きるよ。
                0
                  話せる、ことが嬉しい。
                  吐き出さないとモヤモヤとたまっていく感情や言葉のつぶやきもそれはそれとして使ってるけど、
                  つぶやきじゃなく、受け止めてくれることはもっと嬉しい。
                  生の場所は、ありがたい。

                  自分と異なる人(あ、完全に同質な人間なんてありえないのだけど)が集まっているようで、興味関心が似通っているせいか、同じ時間を共有することが苦にならない。優しい世界。

                  共通経験の多い旧友も、琴線の近いヲタ友も、社会的に同じとされる同期も、最近交流の増えてきた彼ら(学友と呼べるのだろうか?)も、それぞれがそれぞれの文脈で必要なんだよね。どこが誰が一番とかそういう話じゃないんだよね。

                  日々、武装は必要で、だからこそ、武装解除できる時間空間が心地いいんだろうね。

                  文句言ってないで武装しないとね。オトナという武装。オンナという武装。勝手に境界線がある気でいる、役割武装。
                  役割社会の中で生きることを選んでいるのは、私だ。
                  2016.06.05 Sunday,17:10
                  | morimiya | ダイアリー090913〜 | comments(0) | - | - |
                  もっと心をスパークさせて
                  0
                    余計なことは言わない。
                    余計な期待はしない。
                    一人でもある程度生きていけるくらいには強くならなきゃね。

                    とりあえず。
                    旅行の話をしよう。
                    あ、2月の方はいいんだ。家族で出かけた時間が確かにあって、ポルノさんと過ごした時間が確かにあったのだから、我が人生における人並みの幸せであった。もう忘れてしまっても悔いはない。さよなら愛しい人たちよ。
                    3月の方な。違う系統のオタに腐バカにされてちょっとキレた。というか、弁解するにしても、話す次元というか角度というかが違うので、全くお話にならないんだよね、もう諦めた。コミュを諦めた。でね、ちょうど時間あったから支部潜って班マフィ小説漁ったらめっちゃ好みな18の見つけまして。すごいこう、「ンンンン!!」と悶えて、脳天にスパーーン!ときて、頭スッキリした。爽快感あった。なんだ、下半身伴わなくてもエクスタシー存在するじゃん☆っていう私の中の発見。一カラセラヴィ。

                    パカカラ三つ巴とおそカラと一カラとDVチョロカラはアニメ終わってもしばらく好き……でいたいなぁ。沼は沼で時間と思考を全て持って行かれるけど、同じ時間現実に絶望してるよりは楽だよ。楽なんだよ。愛してるとLINE送ると愛してると返してくれる稀有なお友達(でも唯一サシでお互いに結婚観とか話してるし伴侶にはならないんだろうね 笑)がいる、それだけで充分救われてる、そんな現実は現実として、これはこれでまだ浸っていたい。
                    2016.03.20 Sunday,17:33
                    | morimiya | ダイアリー090913〜 | comments(0) | - | - |
                    僕らをはかるものさしは
                    0
                      オイコノミア見たけど
                      そりゃ正論よ
                      相手が着て欲しい服を着れば好感度高いなんてポケモンルビサファのコンテストみたいなものじゃない
                      接触だってそりゃあ脈アリかどうかなんてそうだろうよ
                      まあでもモテとかさぁ
                      自己顕示欲とか
                      承認欲求とか
                      その手段なだけでしょ
                      って言うと非モテが僻んでるwとか言われそうだけど
                      モテるイコール社会カーストのトップかもしれないけど不倫は地に落とされて結婚しないはしないで色々言われるんだろ?
                      とか考えちゃうよね。これだけニュースが賑わえばね。

                      社会に認められなくてもいいよ
                      分かる人だけ分かってくれればいいよ
                      それじゃダメ?

                      死んでいった人たちの映像見てさぁ、なんで私今生きてるんだろとか、そのうち死ぬんだなぁとか思うとさぁ、気持ち悪く思いながら無理やり社会に入るより自分のために生きていたくなるよ。誰かのために、なんて、労働と消費で経済回してれば十分でしょ。私は私を好いてくれる稀有な人間たちのためになら優しくなるよ、それで十分でしょ。
                      私は私の愛するものを愛す、それだけ。


                      問いかけを聞くことすらもう無いかもしれないがI will never go to a hotel with men, I think. と言うと語弊もあるが男性絡みの女性ほど苦手なものもないし、現に自分はヘテロだと自認しているのでもうどうしたらいいか分からないし、まあ最悪はしねばいいだけなのでそれまでは生きよう。

                      生理的に無理、というか、そう、不愉快であった、ディッセンバー。



                      2016.02.12 Friday,01:39
                      | morimiya | ダイアリー090913〜 | comments(0) | - | - |